Lの発音は難しい

アメリカンイングリッシュオンライン

Lの発音は難しい

Lの発音って実は結構むずかしいんですよね。

Lにもいくつか種類があります。

lemonとかlateとか、語の始めにある場合のLは、舌先を前歯のうしろの歯茎につけて、離します。
この場合ははっきりLの音が聞こえます。

でもcallとかtallとか 語の最後にある場合には舌は上につけず、下あごに置いたままにします。これですとはっきりとした音が聞こえず(これをうちではサイレントLと呼んでいます)オーのように聞こえると思います。

これだとcallは「コー」のように聞こえますが、日本語のコーとはちょっと違います。

日本語で「コー」と言う場合は舌はまったく緊張していませんが、英語で最後にLがくる場合は舌を下あごに置いたまま舌を緊張させ、舌先をほんの気持ち持ち上げるつもりで発音します。

サイレントLは日本人にはちょっと難しい音なのですが、きちんと練習するとネイティブのサイレントLも聞き取れるようになりますよ。

2008年8月7日

 │ HOME │ 

英語発音バイブル

発音ミニレッスン

発音Before & After

生徒さんの声

体験レッスン申し込み

英語発音トレーナーのブログ

ボイスサンプルはこちら

レッスン時間

◇銀座

月~土 13:00 〜20:45
日祝休み

◇スカイプレッスン

月~金 11:00 〜15:00
日祝 11:00 〜15:00
及び 19:00 〜22:00

完全予約制です。

American English Online