動機が大事

アメリカンイングリッシュオンライン

動機が大事

最近、ひとつ大きなブレイクスルーがありました。
それはですね、今まで大嫌いだった「辞書を引く」ことが楽しくなったことです。
先日の記事でご紹介したように、英語再挑戦から8年目にしてやっと「英英辞典」
の良さを理解したわけなのですが、PCに辞書ソフトを入れておいてもあまり
使う出番がなかったのですね。

思ってみると、辞書を使いたいのは本を読んでいるときです。
というわけで、このCobuildの英英辞典をおNewのiPhone4に入れて
使えるようにしたところ、これが大変良い!!!
(このCobuildのデータをiPhoneで使えるようにするためには
また別の努力が要ったわけですが、それはまた次の記事で。。。)
通常の電子辞書は両手でキーを入力することを前提に作られていますが、
iPhoneでは片手で操作できるので、本を読みながら ちょいちょいと辞書を
引くことができます。これはGood!
私の現在の弱点は難しい単語に弱い(笑)ことでして、これは何とかして
克服したいと思っていました。
なぜならば。。。「National Geographic」が読みたかったからです。
NGは自然や科学について書いてある洋雑誌です。写真がきれいで、
見ているだけでも楽しいのですが、読めたらもっと楽しいだろうな、と
ずっと思っていました。(しかもなんとなく頭がよさそうに見える 笑)
同じNGから出ている雑誌で「National Geographic Traveler」というのも
ありまして、こちらも読んでいるだけでそこに旅行したような気分になれる
ステキな雑誌です。
http://traveler.nationalgeographic.com/
どちらかというとこれがスラスラ読めるようになりたい、という
のが 語彙を増やしたい動機でした。
ここ数ヶ月、英検1級用の単語本を買ってきて勉強したりしていましたが、
今見ると最初の1割もやらずに挫折しています(笑)
でも こうやって実際の雑誌を見ながら、その単語の持つ感覚(訳ではなく)
を理解しながら単語を覚えていくのは全然苦にならないのですね。
ここでもやはり思うのは、英語は「勉強」するものではないのだ、ということです。
実際の活きた英語から学ぶものですよね。
何かをやろうとするときの動機はとても大切だと思います。
「どうせムリだから」とか「すごく大変そうだからやめておこう」というように
その動機を否定すると、チャンスがやってきたときに気づかずにスルーしてしまう
可能性があります。
いますぐ実現しなくてもいいのですから、「こうなりたい」という気持ちは
ずっと持ち続けることが大切ですよね。
それが、継続するコツなんだと思います。
英語はムリに「勉強」しようとせず、自分が興味のあるもの、
やっていて楽しいと思える学習法をいかに探すか、ということに
つきるのではないかと思います。
みなさんも 自分なりの学習法を探してみてくださいね ^^

2010年8月6日

 │ HOME │ 

英語発音バイブル

発音ミニレッスン

発音Before & After

生徒さんの声

体験レッスン申し込み

英語発音トレーナーのブログ

ボイスサンプルはこちら

レッスン時間

◇銀座

月~土 13:00 〜20:45
日祝休み

◇スカイプレッスン

月~金 11:00 〜15:00
日祝 11:00 〜15:00
及び 19:00 〜22:00

完全予約制です。

American English Online