あなたの発音フォーム、正しいですか?

アメリカンイングリッシュオンライン

あなたの発音フォーム、正しいですか?

こんにちは!

最近またどんと生徒さんが増え、色々な方の指導をさせて頂いておりますが、ズバリすんなり上達する方と苦労される方には大きな違いがあります。
それは「フォーム」が正しいかどうかです。
発音を学んだことが無い方、英語を話す機会が少ない方はあまり心配する必要はないのですが、海外に住んで長いとか、会社で毎日英語を使っている、という方でフォームが正しくない(自己流になってしまっている)方は、まず最初にフォームを直すところに時間をかけます。そうでないと、文章をなめらかに話す時音から音へスムーズに移れないため、非常にしゃべりにくくなってしまうのです。
英語は日本語と同じようにひとつの言語なので、正しいフォームであれば、自然となめらかにすべてが丸く収まるように発音できるのです。

ここで、あなたのフォームが正しいかどうかチェックしてみましょう。

「ticket」

という単語を発音してみて下さい。
最後のtを発音した後、鏡で口の中を見てみて、舌が上がっていないかチェックして下さい。
舌が浮いて、舌の裏の真ん中の筋が見えるようですと、t のフォームが間違っています。
t は発音した後、舌は下顎に入っていないといけません。しかし日本人の中には、tで舌が上がってしまう人がかなりいます。実は私もその1人でした。

舌が下がっていなければならない音で舌が上がっていると、その後にLの発音が来た場合、高確率で発音できません。例えばexactlyなど。。。
Lの時、舌は下に下げるため(この辺で「!?」と思う人も居るかもしれませんが本当ですよ)tを発音した後に舌が上がっていたら発音できないのは当然です。

フォームが正しくなると自然に正しい音が出るようになります。
t で舌を後ろに引いて発音していた方は、舌を前に下ろすようにすることで、もっとはっきりとした鋭いt が発音できるようになります。

「どう発音するか」の前に、「どのようなフォームで発音するか」に注意してみましょう。

私のトレーニングDVD「英語発音バイブル」では、子音編については特にフォームをしっかり説明しています。
参考にしてみてくださいね!

AEO 田内

間違いを恐れないように

英検1級を持っているような英語力の高い方でも、全く話せない方が結構いらっしゃいます。そういう方々は、大体英語を「勉強」と捉えているので、間違いを恐れて話しません。もちろん少し考えれば何かは出てくるのですが、「考えてからしゃべる」というクセができているので、すぐに会話を返すことができません。

これを克服するには、とにかく口を動かす時間を増やすことです。映画やドラマなどの英語字幕をみて、リピーティングすることです。リピーティングとは、一度文章を聞いてから一旦止めて、同じように繰り返すことです。文章が覚えられるくらいの分をまとめて話すことが大事です。
まずはリピーティングで、自分の速さで英文をよみましょう。ネイティブと同じ速さで読む必要はなく、それよりははっきり丁寧に繰り返すことを目標にしましょう。1日15分くらいで十分です。この時、あまり文法などを考えず、とにかくひたすらマネすることに集中します。サルかオウムにでもなったつもりでとにかくマネしましょう。
この時、「音の通りに読むこと」がとても大切です。AEOでリンキングを学んでいる人はスペルから音がどのように変化するかわかりますが、リンキングがわからない場合は「耳で聞こえた通り」に読むことが重要です。

ドラマのスクリプトを1日15分やれば、1年後にはかなり話せるようになっていますよ。
これは私自身が、「知識はあるけど話せない」状態から脱出して外資系の面接を受けるまでになった方法です。

「英語を話す」というのは、知識で話すのではなく、「反射神経で話す」ものです。
ですから日常会話的なものは、ある程度パターン化して決まり文句 となっており、それを何度も繰り返していると、歌を覚えるように自然と口から出てくるようになります。

また、英語は間違いながら話す過程を通らなければ絶対話せるようにはならないと思った方が良いです。だったら、早くその過程を通り過ぎたほうが良くありませんか?
間違うことを恥ずかしがって、(もしくは、試験勉強の影響で間違いたくないという思いから)口から英語を出そうとしないと、いつまで経っても「パッと話す」ということができません。
自宅での練習時はなるべく間違えないように、ネイティブとの会話での実践では、間違いを気にせずどんどん話すことが話せるようになるコツです^^

AEO 田内

基礎が大事

今日もある生徒さんのレッスンをしていて、子音、母音を一通り終わったしスピーキングに適用したらどうなるかな、と思って、突然英語で雑談を始めて見ました。
そうしたら、思ったよりもキレイな発音で色々と話し始めたので、とても嬉しくなってしまいました^^

もちろん完璧ではないですし、言えていない発音もあります。しかし「息を吐きながら話す」という部分がしっかり出来ているので、ちゃんと単語は認識できます。
やっぱり最初の基礎は大事だと改めて思いました。

AEOのレッスンでは、最初に一番難しくて、一番時間のかかることをやります。
正直、入会されて最初の正式レッスンを受けた時、「最初にこれでは後が思いやられる~~」と思った人が半数以上いると思います(笑)
でも、最初にそれをやれば、後は簡単になっていくばかりですし、何よりも英語のキモを抑えたことになるわけです。

ここで私が言う「絶対に必要な最初のレッスン」とは、英語発音バイブル 子音編のLesson1~Lesson6までです。
これらがきちんとできれば、後はそれほど難しくないですし、スピードが速くなってもキレイに発音できます。

しかし、基礎ほど簡単そうに見えて、実際にやってみると難しいものなんですよね^^;

今日の生徒さんも、最初はだいぶ苦労されていましたが、諦めずにコツコツ練習されていたので
それが今になって効果を表していると思います。

「基礎ほど一生懸命練習する」これは何でも同じですね。

・・・と思ったので、今日はレッスンの後スタジオに行き、ドラムの基礎練を1時間ほどみっちりやってきました(笑)
あ~基礎練はツライですね~^^; でもこれがいつか役に立つと信じてがんばります!

AEO 田内

日本語訛りの英語?

最近、ナレーションの仕事の方で、「日本語訛りの英語で読んで」という要望が結構多いのです。

始めはあまり難しく考えていませんでしたが、日本語訛りの英語って、どういうのが日本語訛りなんでしょう?
RとLが言えていないような感じ?完全にカタカナみたいにすれば良いのかな?など考えてみたのですが、
「どうも単にカタカナみたいに読めば良いのではないらしい」ということがわかってきました。

というのも、聴くのはネイティブなので、英語として通じないレベルではダメなのです。
ですからRとかLが一緒になっているとか、thがsになっているというのではダメで、一応
きちんと英語として聞こえる、でも日本人「っぽく」というのがミソらしい^^;

これが、やろうとしても結構難しいんですね^^;
しかもわざとらしくなってしまってはいけないので、自然にそういう英語で話しているように
読まなくてはいけない。
ドラマや映画を参考に、日本人っぽい英語をよく見てみたところ、
「母音がすべてにおいてはっきりしている」
「喉に力が入っており、息が止まっており、声が高め」
であることに気が付きました。

Rの発音は特に、ネイティブは鼻腔共鳴を使って顔に共鳴させて話しているのですが、
それも使わず、口からだけ発声すると、平坦な、日本人っぽい感じになります。

つまり、この逆をやれば、ネイティブらしい英語になるということですね。

「アクセントのある母音だけをはっきり発音し、それ以外の母音は弱く発音する」(アクセントのない音節の母音はほぼ無いくらいの気持ちで)
「声をみぞおちから出し、声と息を両方出す。声を低めにする」

上記2点は、これから出る『英語発音バイブル 母音編』にて説明しています^^

英語は英語らしく、なるべくネイティブの英語に近い形で話したいものです。
日本語だって、外国人が日本語を話す時は訛っていない方が話しやすいですよね。
何十年も積もり積もった日本語訛りを治すのは一筋縄ではいきませんが、コツはあります。

がんばりましょう!

AEO田内

練習しか上達の方法はない

みなさん、英語 練習してますか? 勉強じゃなくて「練習」なところがミソです^^

私は趣味でドラムを習っておりますが、これが40歳過ぎてから習い始めたもので
まあ覚えの悪いこと悪いこと(笑)
しかし3年前よりはだいぶマシにはなって来ております。

英語もドラムも似たようなもので、(どちらも体を使うものなので)
練習しなければ上手くはなりません。それ以外に方法はありません。

ドラムの練習のためにスタジオに入って、2時間同じリズムをやってもまだできるようにならない。。。
こんな時は本当に落ち込みます。もうダメだ、絶対にこれはできるようにならない(>_<)
と思うことも少なくありません。できないと思うと、何か他の方法がないかと探し始めます。
Webで動画を見たり、本を買ってみたり、etc…

でも結局のところ、練習するしかないのです。

しかし、1ヶ月も過ぎたころ、「あれ?できるようになってる。。。」と気がつくのです。

練習した分は絶対無駄にはなりません。どこかで活きてくるものです。
ですので、発音を上達させたい人も、英会話ができるようになりたい人も、
練習しましょう!練習とは、口に出して英語を読むことです。単にテキストを眺めている
だけでは何も起こりません。英語は知識でなく「すぐ使えるもの」でなくてはなりません。
ボールが来たらこうバットを振る、というのは反射神経的にやるもので、頭で考えている
暇はないですよね。それと同じことです。

少し前まで初心者だった生徒さんが、最近メキメキ英会話力をつけてきていて、
何かやっているのか聞いてみたら、大西泰斗さんのテキストを使って話す練習を
しているとのこと。素晴らしいですね!私も大西さんのテキストは昔から大好きです。

そんな話を聞いたら、私も練習を続けるしかないな、と思ったのでした^^

練習は退屈でやりたくないものです。それはみな同じ。でも達成したいゴールがあるなら
練習するしかありませんね。みんながんばりましょう!

AEO 田内

«前ページ │ HOME │ 

英語発音バイブル

発音ミニレッスン

発音Before & After

生徒さんの声

体験レッスン申し込み

英語発音トレーナーのブログ

ボイスサンプルはこちら

レッスン時間

◇銀座

月~土 13:00 〜20:45
日祝休み

◇スカイプレッスン

月~金 11:00 〜15:00
日祝 11:00 〜15:00
及び 19:00 〜22:00

完全予約制です。

American English Online