ネイティブ発音の秘訣

アメリカンイングリッシュオンライン

ネイティブと同じように英語を聞く/話すためには、
発音とリズムの両方を正しくすることが重要です。

1.英語は子音をクリスピーに、母音をソフトに

英語は日本語とは逆で、子音をはっきりと、母音を弱めに発音します。
日本人の英語の特徴は、母音のほうが子音よりも大きくなってしまい、
子音がはっきり聞こえない、または発音されない、ということにあります。

例えば、"take"という単語を例にとってみると・・・

図1

AEOのレッスンでは、なぜ日本語的な英語に聞こえるのか、
どうすると英語らしい英語になるのか、などのコツを発音になじみのない方にも
わかりやすく分解して指導していきます。

2.英語は音が変化する言語

知っている単語ばかりの簡単な英語なのに、聞き取れなかったことがありませんか?
それは、英語が「見た目とは違って発音される」からです。
例えを見てみましょう。

図2

上記の文章は正しく読むと「ワダマイ ガナ ドゥ?」と発音されます。

(本来はカタカナで表せない音ですが、ポイントをわかりやすくするため、あえてカタカナで表記しています)

英語では「音が変化する」ことがよく起こり、それには一定のルールがあります。
ここで使われているルールは3つです。

図3

これらを総合すると、「ワダマイ ガナ ドゥ?」と発音されることになります。
このような「音が変化する時のルール」は他にもたくさんあります。これらのルールを覚えると、ネイティブと同じリズムで英語が話せるようになります。
その結果、英語が通じる・英語が聞こえるようになっていきます。

3.文章がキレイに発音できて、初めて発音できたことになる

thやrやLなど、単音だけ一生懸命練習しても、それが自分の会話の時にできるとは限りません。もっと言えば、英語は音から音の移り変わりの際の音の変化が難しいのであって、その音だけを練習することには意味がありません。AEOでは、常に一般的な文章での練習を行いますので、自然と様々な英語の音の組み合わせに慣れていき、実際の会話の際にすぐに反映されるようになります。

AEOで学ぶこと

AEOは単なる発音レッスンではありません。上記の2つの項目、①正しい発音と②正しいリズムで英語を読むクセをつけることにより、「英語脳」を養うための総合レッスンです。

図4

一般的なレッスンの流れ

1〜10回:
子音をクリアに発音できるようにする、音の変化の基本ルールを学ぶ
11〜20回:
母音のリズム、発声など母音にフォーカスして学ぶ
20〜30回:
子音・母音を正しく発音しながら、スピードを上げる。細かい点のブラッシュアップ(20回前後からリスニングのレッスンをスタート)
30回目以降:
初めて見る文章を自力で正しく読む(コールドリーディング)、イントネーション、抑揚を正しくする、リスニング・スピーキングなど実践的会話練習
  • レッスンでやる内容は、個人で異なります。基礎を終えたら、
    その方が弱いと思われるところを重点的にトレーニングしていきます。

カウンセリングレポートと録音による記録で、上達を実感

カウンセリングレポートと録音による記録で、上達を実感

10回ごとに、録音を行い、それをもとにカウンセリングレポートを作成して録音ファイルと共に生徒さんへお送りします。以前の録音と聞き比べることで、自分がどれだけ上達しているか客観的にわかります。カウンセリングレポートには、これまでに上達している点、今回できなかった点、今後の課題などが詳しく書かれています。
まずはお気軽に無料体験レッスンで発音レッスンを体験してみてください!リスニングが得意でない方は特に、なぜいままでネイティブの英語が聞き取れなかったのかお分かりいただけると思います。東京銀座での対面プライベートレッスンか、またはスカイプでのオンラインレッスンからお選びください。

無料体験レッスンを申し込む

英語発音バイブル

発音ミニレッスン

発音Before & After

生徒さんの声

体験レッスン申し込み

英語発音トレーナーのブログ

ボイスサンプルはこちら

レッスン時間

◇銀座

月~土 13:00 〜20:45
日祝休み

◇スカイプレッスン

月~金 11:00 〜15:00
日祝 11:00 〜15:00
及び 19:00 〜22:00

完全予約制です。

American English Online